【付録レビュー】MonoMax(モノマックス)2017年12月号付録「BEAMS ボストンバッグ」写真入り口コミ

BEAMSコラボの黒ボストン MonoMaxs12月号付録をレビュー

MonoMax(モノマックス)12月号の付録が届きましたー♪

今回の付録はMonoMaxs創刊10周年記念 特別付録の第二弾、BEAMSコラボの黒いBIGボストンバッグです。

それでは今からMonoMaxs12月号付録の開封レビューをしていきたいと思います。

開封レビュー

Amazonから届いたのは雑誌にしてはなかなか大きめの箱でした。付録にしてはなかなか大型のシロモノだから仕方ないのかなーなんて思ってましたが、中身はさほど大きいわけではなく、雑誌の大きさと変わらない感じ
MonoMax(モノマックス)12月号付録

MonoMax(モノマックス)12月号付録

付録入りダンボールの厚みは3cmほど
えっ!ここにボストンバッグが入ってるの?ってくらい薄いです。
MonoMax(モノマックス)12月号付録 ダンボールの厚みは3cmほど

じゃじゃーん♪
BIGボストンバッグなのにコンパクトに折りたたまれるようにキレイに収まってました。

付録なのでレザーはもちろんフェイクですが、光沢がどぎついこともなく品があってとってもいい感じ♪
MonoMax(モノマックス)12月号付録 品があってとってもいい感じ

BEAMSロゴのアップ
写真ではわかりにくいですが軽くエンボス加工されてます。
MonoMax(モノマックス)12月号付録 BEAMSロゴのアップ

持ち手金具のアップ
MonoMax(モノマックス)12月号付録 持ち手金具のアップ

縫い目にムラがなく丁寧な感じ
MonoMax(モノマックス)12月号付録 縫い目

ジッパー留め具のアップ
MonoMax(モノマックス)12月号付録 留め具のアップ

折りたたまれてたため若干折り目が付いちゃってますが許容レベルかと
MonoMax(モノマックス)12月号付録 若干折り目

内ポケットなどはなくシンプルな構造
MonoMax(モノマックス)12月号付録 内ポケットなどはなくシンプル

内側は白のメッチュ調になってます。
MonoMax(モノマックス)12月号付録 内側

厚手のパーカーと大型雑誌、タブレット(9.7インチ)を入れてみた所
このとおりスッポリまだまだ余裕があります。
二泊三日程度の出張ならこれで十分間に合いそうな収納力
MonoMax(モノマックス)12月号付録 収納力

中に色々詰めこんでみるとこんな感じ
なかなかいいんじゃない?これ
MonoMax(モノマックス)12月号付録 中に色々詰めこんでみる

持ち手は長めなので肩からさげて持てるようになってます。
MonoMax(モノマックス)12月号付録 持ち手

表地のレザーの品の良さが好印象な付録でした。やっぱり質感って大事ですものね!BEAMSロゴともマッチしていてGood!創刊10周年記念にふさわしいとてもお得感の高い付録ですね。

以上、MonoMax(モノマックス)2017年12月号付録の口コミレビューでした。

付録データ

・BEAMS BIGボストンバッグ

雑誌データ

雑誌名:MonoMax(モノマックス) 2017年12月号
発売日:2017年11月10日(金)
価格:890円(税込)
出版社:宝島社

  • 大人のおしゃれ手帖2018年2月号の付録はたためるビッグボストン
    大人のおしゃれ手帖2018年2月号の付録は折りたたみもできるビッグなボストンバッグ
  • 【付録レビュー】MonoMax(モノマックス)2017年12月号付録「BEAMS ボストンバッグ」写真入り口コミ
    【付録レビュー】MonoMax(モノマックス)2017年12月号付録「BEAMS ボストンバッグ」写真入り口コミ
  • MonoMax(モノマックス) 2017年12月号の付録
    【予定】MonoMax(モノマックス) 2017年12月号の付録はBEAMSのボストンバッグ
おすすめの記事